屋根裏にいるネズミ駆除

家に住み着くと被害が出る生き物としてネズミがいます。

日本には数多くネズミの種類がいますが、その中でもハツカネズミ、クマネズミ、ドブネズミが家によく住み着きます。
食べ物を探して移動してそこに巣を作って繁殖するのです。


被害としてはなんでもかじる習性があるので、家の柱や壁などかじられやすい材料に被害がでます。


家具などもかじられてしまうことになります。

ネズミの体にはダニやノミが寄生していることが多く、これらが住居に住み着いてしまい人に影響を与えてしまうこともあります。
ネズミは夜行性で夜中に動き回りますが、壁際などを通路にして糞尿などもします。それらが異臭をだすということだけでなく病原菌を持っていることもあるので注意しなければならないのです。

ネズミ駆除の料金の相談ならココです。

ネズミ駆除を行う場合は市販されている粘着シートを使用する方法があります。強力な粘着シートはそこをネズミが通過すると動けなくなるというものです。
警戒心が強いのでなかなかはじめは捕獲できないこともありますが、何箇所か仕掛けておくことで捕獲できるようになります。



粘着シートでネズミの数を減らしてネズミ駆除を行うという方法です。


ネズミ駆除の方法として効果があるものとして超音波があります。



超音波はコンセントなどに差し込む方法で、コンセントに繋がっている配線からもネズミが嫌がる周波数をだすことができるのでネズミを追い出すことができるようになるのです。屋根裏にいるネズミも超音波で駆除することが可能です。